『破門 疫病神シリーズ』チャンネルNECO一挙放送

むっちゃおもろかった!
末廣健一郎の威勢のよいBGMが耳に残る。

黒川博行の原作(『破門』、『疫病神』)は未読。
2015年にBSスカパー!で連続放送されたのは知っていた。J:COMのおかげで2年後に拝めることができてありがたいことである。
ヤの字のお仕事の人がわらわらと出てくるし皆さん煙草をスパスパやるし、地上波ゴールデンの連ドラにできないのは当然と思うが、予想したようなグロさや怖さはなく、映画館でやるとしてもせいぜいR15相当シーンがほんの数分のみ。テンポがよくてハラハラドキドキ、桑原はときどき不自然と思えるくらい強い……と油断してると、瀕死でない重傷を負ったりする。そしてなんといっても桑原と二宮の漫才の笑えること笑えること。

二宮はちょっと頼りなさげなボンボンタイプの二代目社長。建設現場に妨害をしにくるヤクザを別のヤクザを使っておさえるのを"サバキ"と言うんだそうだが、二宮はそのサバキの仲介をして細々と食っている。彼のクライアントが担当する産業廃棄物処理場建設に二方面から妨害が入るが、なんと両者は同じ組の下部組織らしい……。
オールバックに縁なし眼鏡、黒のスーツにダークグレーのネクタイを締めた桑原が、高圧的な態度で二宮に手を貸す。"二蝶会のイケイケ男"桑原を、二宮は疫病神としか思えない。だが、桑原と一緒にあやういことをする瞬間の「ひりひりした感じ」に、二宮は憑りつかれていく。

複数の組織が入り乱れるストーリーだが、親切にも定期的に桑原が相関図を書いて説明してくれるので、視聴者は置いてきぼりにならない。二宮が敵方の隠し事に気づく瞬間の描写も簡潔かつ効果的。オラオラな雰囲気とはうらはらに、骨格は頭脳的なミステリドラマとも言える内容で、和製ドラマとしては上出来の部類ではないか。大型の廃棄場を企画するさい必要な各種手続き、立地条件、行政書士の役割など、こまごまとお勉強になった。

産廃問題解決後は、映画の出資絡みの詐欺事件が持ち上がる。
タイトルが盛大なネタバレなので、最終回がどうなるかはだれでも見当がつくわけだが、後日談が気になって仕方がない。『螻蛄』は2016年にBSスカパー!で放送済み。NECOに下りてくる日が楽しみだ。

名作の評判高い原作と優秀なスタッフ、キャストが幸運な出会いを果たした作品である。演出家の木村ひさし、森淳一、藤澤浩和が力を発揮して、8話通じて一度もボルテージが落ちなかった。脚本担当の酒井雅秋は原作の裁き方が見事なのだと思うが、どの台詞が原作由来でどれがオリジナルかは自分には見当もつかない。

濱田岳は何をやっても達者な脇役俳優というイメージだったが、今回は堂々のダブル主演。気弱で平凡そうでいて、賭けのスリルにかすかにニヤりとする表情などはさすが。下手すりゃ殺されそうな場面での「ぼくが貸した三万円忘れないでくださいよ」みたいなセリフに無理がない。堅気のくせにやっちゃいけないことをいろいろやらかすが、ともなく憎めない持ち味が最高に生きている。

北村一輝は大河『北条時宗』や映画『皆月』など強烈なキャラが多かったのが、近年は気弱な役おとなしい役もこなすようになった。が、今回の桑原は彼のベスト5くらいに入る好演というか、もっとこの手の役をやってほしい。強面とにやけ顔が絶妙に入り混じった表情で「二宮くぅん、君はほんまにあかんのう」みたいな憎まれ口をたたく場面には、今まで見てきたハードボイルドと毛色の違う味わいがある。アクションシーンは『CRISIS』の記憶が新しい今は絶賛する気にはなれないが、飲み食いしながらでも楽しめるエンターテインメントとしては満足の内容。ときどき漫画の静止画じみたポーズを取るところも含めて、なんとも魅力的なキャラクターを造形していた。


このスタッフ、キャストで『疾風の隼人』(大和田秀樹)を映像化してくれないかなぁ。『疾風』は宮澤喜一以外全員、実物よりイケメンに描いているので、今回のキャストでじゅうぶん賄えると思われ。広島弁をまくしたてる北村氏を見てみたい! もちろん池田隼人役で。

生放送『裁判劇テロ』あなたの裁判は?!

6月17日放送分
ネタバレあり


ハイジャックされた旅客機を独断で撃墜し、164人を殺して7万人を救った空軍少佐。果たして彼は英雄か? 犯罪者か? 電話による視聴者投票の判決は!?

十か国で同じ設定の舞台劇を上演し、観客の投票を募ったところ、九か国は圧倒的に無罪が多かったのに、日本だけは四回上演中四回とも有罪の結果が出たという。

今回の放送についても、日本の視聴者なら9割以上が有罪にするだろうと予想していたところ、62%が世界の常識どおりに「無罪」と判定した。ドラマ中、被害者遺族がもう一人出てきて大量の涙を流したら、結果は違ったかもしれないが。

ドイツのテレビ局は有罪と無罪と二通りの判決文を用意。6月17日は視聴者投票の結果にしたがい、無罪の判決文朗読シーンが流れた。

判断の根拠は三つ
1.構成要素該当性
2.違法性
3.有責性

小をもって大を生かすため、"小さな悪"は無罪となす。
テロップで流れたtwitterに「ドラマ中の検察が仮定を重ねすぎ」とあり、同感。スタジオのMCも同様。自分はぜったい判断を下す場に立たなくて済む人間特有の無責任さにうんざりさせられた。国民がテロに遭わないためにはどうしたらいいかなど、まったく考えていないようだ。
パトリック・ハーランが「コーラテラルダメージは絶対だめなんて言ってたら、何度でもテロリストはやってきますよ」と発言。これ、CATVだから言わせてもらえるのだろうな。

『ダウントン・アビー6』第7回『悲しみの決断』

シーズン6は全10回だそうで、いよいよ7月9日で完全にお別れだ。予定通りシーズン3で止めておけばよかったのにと思ったこともあるが、延期したわりに怖れたほど脚本の質が落ちていない。プロットよりレトリックで魅せるのはあいかわらず。

観察眼、実行力とも若い者たちを上回っていたバイオレットが、ついに時流を読めなくなる。病院統合で揉めに揉めて頭を冷やすために南欧へ旅立つおばあさま。が、意外な置き土産で息子を心から喜ばせ、視聴者のあいだではまた株が上がった。このへんのジュリアン・フェローズの話のひねり方はさすが。

モールズリーがデイジーの勉強を見てやるあたりから
  ↓
モールズリーが学校の教師としてスカウトされる
  ↓
トーマスが辞めなくて済む

という展開を予想していたのだが、ネット上で見る限り、番組ファンのあいだではそのような意見もなく、また予告でとんでもない浴槽シーンが映って少々びっくり。結果的には、トーマスは残るのではないかといまだに思っているが……。

前々シーズンまででデイジーはずいぶん大人になったような描写があったのに、バンティングと出会ったあたりから、またぞろ人に悪影響を受けやすいところと視野の狭さを発揮しだして、視聴者をやきもきさせている。

最初は無責任で思慮の浅い活動家気質だったトムが、すっかり練れた苦労人になった。まだまだメアリーの説得をあきらめない模様だ。クールで誇り高く(イーディス以外には)貴族使用人を問わず身内思いで、でも時々問題をこじらせてしまうメアリーの造形がおもしろい。
奥さんのいる人ばかり好きになっていたイーディスがどうやら逆転ホームランを打つようで、まぁよかったよかったという気分。編集長になることで、仕事のしんどさとやりがいを知る場面はお約束だが感動的だった。

伯爵は、シーズン1の初回でタイタニック号の三等客室の人々に同情する件以来、慈悲深いお殿様としてのキャラは崩れていない。コーラは悪気はまったくないものの時おり無神経さや独善性を発揮する。イギリス人脚本家のアメリカ人観がうかがえる。

話が始まってから10年ほど経過して、女性のスカート丈はどんどん短くなり、文明の利器は増え、階級の垣根も低くなった。老けメイクは不要というのは、スタッフの総意なのか?
B&Bはもっと昔からある形態の宿かと思ったら、20年代が走りだったとは!
リンドバーグの偉業が最終回に間に合うのかどうかにも興味津津。

『CRISIS:公安機動捜査隊特捜班』episode.8-10

episode.8
間一髪、嫌味で保身しか考えないエリートみたいだった青沼が救援に駆けつけた、と見せて、すべては鍛冶の筋書き通りだった。この二ひねりと各自の特徴を生かしたアクションの組み合わせがおもしろい。樫井が秘密の技を繰り出す……なんてことはなく、何度も愚直にタックルをかます展開が胸熱。

episode.9-10
金子ノブアキは暗い色気が魅力的だが、結城が恨みを抱えた理由が「え、このドラマでそれ?」といささか肩透かしを食らった印象。
思えばepisode7でずいぶん被害者ぶってた坂本クンは突っ込みどころ満載だった。自宅通学可能な大学が山ほどある東京で持ち家に住んでいて一人っ子。ハッカー活動に向けた頭脳と時間を受験勉強に向ければ、貸与型奨学金を取って並み以上の大学に通う未来は開けそうなもんだが。で、このたびも途中から「コッカコッカ」と朝日が飼ってる鶏かインコみたいに姦しいことこの上ない。国家と国民が乖離した存在という価値観も、まああいかわらず。過激派に甘いマスコミだが、首相の息子が関われば悪事となるわけか。昨年せっかく『シン・ゴジラ』がエンタメ界に新風を吹き込んだのにくらべると、今作のストーリー展開はいかにも古い。いまどきの公安のお仕事なのに"わるいがいこくじん"はミサイルがらみで申し訳程度に出てくるだけ……脚本担当の金城一紀の来歴を読んだら、まあそういうことかとある意味納得。映画『ダディ、フライ、ダディ』(原作、脚本)とドラマ『SP』はたいへんおもしろかったが、今回はそれらにおよばず。
よく引き合いに出される『MOZU』を見た時は、酔狂もそこまで極めるのならストーリーの穴なんかはつつきません! という気持ちになれたが、『CRISIS』は予想より小さくまとまってしまった感がある。平成維新軍の活動が尻切れトンボ気味なのはプロットミス?

何かと子供っぽくなりがちな和製刑事ドラマにあって、鍛冶は味のあるキャラだった。最終回、総理と話しながら指をひらひらしていたのには何か意図があったのだろうか? 『モンスター』のルンゲみたいな。
小栗旬西島秀俊も役柄を楽しんでいるようなのが、視聴者にとっても楽しかった。西島氏は雰囲気のある貴重な映画俳優だし、仕事選びはわりと信用できる人だが、アクションだけでない全体的な芝居というと、感情表現も緩急自在な小栗氏に軍配が上がる。

老獪な警備局長を体現した長塚京三の演技はもっと見たかった。田中哲司は何をやっても安心な人だが、クールに見えて部下思いな心情表現はもちろん、中年にはきついアクションもこなして極私的にはまた株が上がった。野間口徹の「鼻利き過ぎ」キャラは最初どーすんのかと思ってしまったが、最後まで物静かで頼れる仲間だった。グズグズメソメソキーキー要素抜きに女性捜査官がキャラ設定されていたおかげで見ていてストレスがなくて助かった。新木優子さんの今後に期待したい。

 

アクションシーンだけ、もう一度くらい録画をリピートしたくなるかもしれない。劇伴を控えた一対一の肉弾戦が強く印象に残る。

『CRISIS:公安機動捜査隊特捜班』episode.7

いまのところ国内テロは暇と学歴を持て余した若者が起こし、小金と暇のある老人と主婦がシンパになったりするパターンばかりなので、進学校に通っていた大山に向かって坂本が「君はこっち側の人間じゃなかったのか」みたいなことを言うくだりは、私見ではいかにも作られたお話。

後味の悪さが売りみたいなドラマなので、大学生は一人ぐらいヤられてしまうかと危惧したが、特捜班のメンバー全員無事に任務を果たしてくれた。
大人たちが子供にほだされたりせず、冷静に行動するところがいつもながらかっこいい。
吉永まで大学キャンパスに出張るとは! 田中哲司の中年の貫禄と敏捷過ぎない動きに痺れた。
「今ならやり直せる」と言ってテロリストのバッグを取り上げる場面に、いかにも樫井らしい味がある。今後、一度くらい野間口氏の無茶なアクションシーンがありそうな気もする。
大山にはアクションシーンはむずかしいかな~、でも訓練のシーンがあるからもしかしたら……と期待していたら、特殊警棒を投げて発砲を阻止し、その後も格闘技を披露していておおいに惹きつけられた。冷静な取り調べで坂本に揺さぶりをかけるし、まさかのパスワードをめっけるし、テロリスト相手に武闘派するし、新木優子ファンには堪えられないエピソードだったのではないか。

「鍛冶は頭が切れすぎる」みたいなセリフが気になる。日本のドラマが一番苦手なのが金持ち描写、次が頭がいい人描写なのだが……金城一紀なら期待しても大丈夫、と思いたい。

『CRISIS:公安機動捜査隊特捜班』episode.6

海外のドラマなら即射殺となるところ、日本特有の理由でそれができない。という現実をふまえて毎回工夫を凝らしたアクションシーンを見せてくれるドラマだが、今回も堪能した。それにしてもホームセンター店員の後片付け大変そうだな……。
教団の面々がふた昔位前の秀才の面構え+眼鏡で、独特の迫力がある。

山口馬木也はすぐれた時代劇俳優だ。骨太の個性がいまどきの連ドラに合わないので、現代劇ならNHKくらいしか使いでがないか――『ボーダーライン』の好演は忘れがたい――と思っていたが、今回はよい役をもらっていた。
『CRISIS』の世界では、潜入捜査官は「死して屍拾うものなし」を覚悟しなくちゃあかんのか??
教団側に"転んだ"里見の辛さを重々承知のうえで、あえて厳しい言葉をかける稲見。小栗旬はこういう芝居にも説得力を持たせられる人だ。

わりと野間口が暇そうだった。来週は活躍してくれるかな?

 

『CRISIS:公安機動捜査隊特捜班』episode.5

想定外で出てくる不審なおにいさんたちが物凄く人相悪いわけでもないので「平成維新軍?」と思ったが、そうではなかったらしい。ということで、episode.5は維新のみなさんお休みの回。

潜入捜査官の苦しみを語る西島秀俊……これ『ダブルフェイス』じゃないよね? こういうのを敬意をもったオマージュと感じるか、ちょっと笑っちゃうか、見る側の精神状態や好みに左右されそうだ。

潜入捜査官の苦しみを表現する小栗旬。沢田の遺体を前に立ちあがる時の、絶望とか空虚感とか怒りなどといった言葉による安易な形容を拒絶する表情づくりがすばらしい。あまちゃんの正義漢ではない男でもここまでダメージを食らうのだ、という説得力。涙や絶叫で説明させない金城一紀の脚本もハイセンス。ここでBGMがもっと控えめだったらさらに上級ドラマになったとは思うが。

「責任は俺が取るから心配するな」
鍛冶はふだんは「わたし」で、腹をくくると「おれ」になるわけか。今後はどんな"食えない"司令官ぶりを発揮してくれるか楽しみだ。

アクションシーンは毎度秀逸。アクション監督の田中信彦氏とアクション・コーディネーターの和田三四郎氏の役割分担がよくわからない。来週は特殊警棒の大立ち回りに乞うご期待!