『ポリティカル・アニマルズ』全6回(AXN HD 海外ドラマ)

8月に再放送予定。

題名から『ハウス・オブ・カード』並みの獣の闘争ドラマかと思いきや、それ以上に理想の追求、公務と家族の幸福の両立の問題、政治家とジャーナリストの付き合い方、みたいなテーマに比重が置かれた盛りだくさんなドラマだった。

国務大臣の座に安住したくないヒロイン、エレイン・バリッシュを演じるのがシガニー・ウィーバー。若かりし頃は、お気に入りのコラムニストが「女だけど顔の作りが紳士」と表現したものだ。現在はさすがにちょっとおばさん風味も出てしまったなぁ……と感じさせる部分もあったが、ファイティング・スピリットあふれる女性政治家を好演している。かなり前のインタビューで「テレビはいちいち説明的な演技を求めるもの」と言っていたので、ドラマには出ない主義かと思っていたが、どんな心境の変化があったのだろう? エレインの元夫で女癖が悪く、だが本音では"エレインが一番"の元大統領バド・ハモンドを演じるのがキーラン・ハインズ。『裏切りのサーカス』の演技が懐かしいが、今回もタフな男を魅力的に演じる。ウィーバーと並んでも全然迫力負けしないところがいい。

このドラマにかぎったことではないが、成人男女の性欲や権力欲を"あるがまま"に描くのが米国ドラマの好きなところだ。それによって傷つく人がいるいない、というのはまた別の話。

バドがインタビュー番組で下品な発言をしたほんとうの理由が明かされる場面には、これが男気、深謀遠慮というやつかと唸らされた。

『ハウス』に続いて、今回もヒロインの母親を演じるのがエレン・バースティン。『ハウス』でのテキサスの名流夫人と『アニマルズ』でのショーガール上がりのマーガレット婆さんとでは、設定はかなり違う。それでも、胆が据わっていて娘の本質を理解していて、頭が切れるところは同じだ。
マーガレットは、パーティーで女記者相手に胸がすくような台詞を吐く。
「あなたのこと知ってるけど時間の無駄。あたし、しゃべっちゃいけないの。酔ってるか、正直すぎるか」「大丈夫、今夜は仕事抜き」「そう、仕事抜き? あなたボーイフレンドいる? (相手うなずく)そーなの、レズビアンかと思ってた。だってあなたってどんな相手にも取り入る。うちの子はそういうの下手。でもあの子は気骨があるのよ。それにあなたは性根が腐ってる。生意気な口で人さまの悪口を書きたてて、お給料を貰ってるんだもんね。でもボーイフレンドがいる、凄いじゃない! よほど男を喜ばすのがうまいのね」。しかし、言われたスーザンは実は仁義を知る女であり、根っから腐ってたのは彼女の後輩ジョージアなのだった。枕営業で先輩の男アレックスを寝取って仕事をもらい、さらに暴露記事を自分だけのスクープにするために"不適切な関係"を上層部に訴えて、アレックスを失職させる。「ジョージアみたいな女はいない」という女性視聴者の眠たいクレームで放送打ち切りなどとならなかったあたり、ポリコレにうるさいあの国もまだ健全な部分が残っているようだ。

で、くだんのマーガレット婆さんは、出来のいいほうの孫ダグラスのフィアンセが拒食症であることをいち早く見抜き、本音を吐き出させるために、マリファナ(? ともかくあまり強烈でないドラッグであることはたしか)に誘ったりする。この観察眼、交渉術。彼女も政治の道に進んでいたら大物になっていただろう。

ヒロインが、三十歳にもなろうかという息子の不始末に翻弄される設定は時世の反映だろうか。自立心が尊ばれるアメリカでも、日本並みに親離れが遅くなりつつある? この出来の悪いほうの息子TJにまつわる回想シーンががちょくちょく挟まれる。ぼんやり見ていると、過去だか現在だかわかりにくい場面もある。加入者8900万人というUSAネットワークで放送されたそうだが、ペイチャンネルならではの「ついてこれるやつだけついてこい」式の演出なのだろうか。

エレインはサミットに向かうガルセッティ大統領に辞表を渡す。追い落とそうとする相手であっても、「ご一緒できて楽しかった」と礼を尽くした文章をしたためる。ガルセッティは意外にも「僕らが組んだ方が国のためになる。僕の副大統領候補として出馬してほしい」と答える。彼は国難にさいして、最初はエレインと対立しても、彼女の案を受け入れることもあった。エレインの思いはじょじょに変わっていく。「私って、ダメな男のいいところを見つけてしまうのよね」。この台詞と、終盤の「私たちが思うほど酷い人間はいないのかもしれない」が印象に残る。浮つくことなしに、健やかな人間肯定の空気で終わるドラマにはなかなかお目にかかれないものだ。

ダグラスとアンの結婚式で、バドがイザヤ書を読み上げる。
「あなた方は喜びと共に出で立ち、安らかに導かれる。
山と丘は声を上げて喜び歌い、野にある木々も皆手を叩く」
美しい場面だった。

リベラル特有の独善性を免れないエレインが「アンは三々九度やりたいでしょ?! 多様な文化ウンヌンカンヌン」とはしゃいで息子にたしなめられる。「日系だからって日本絡みのネタを振るのは差別的だよ」。こういう"意識高い人たちが作る風潮"への風刺もじつに小気味いい。

これからは家庭を重視と言うヒロインを「国のために出馬してくれ」と説得するバド。ポジションを変えながらも、二人は終生よき戦友でありつづけるのだろう。

日本でもこういうのが書けそうというと、古沢良太がまず浮かぶが、現在『アイアングランマ2』の演出・脚本とも絶好調の飯田譲治も有望である。今年に入って一番スパイスの利いた台詞を聞かせてくれたのは、飯田氏である。

プロデューサーの一人が日系だからか、主要キャストに日系がいるうえ、それが不細工枠でないのが嬉しい。まあ、表情がちょっと硬いのが、演技指導によるものなのか、そうでないのかやや気になるが。アンを演じたブリタニー・イシバシがこれからもいい役に恵まれますように。
ヴァネッサ・レッドグレーブがエレインの恩師にして最高裁判事というのは、あまりなはまり役。

『女と男の観覧車』(監督&脚本:ウディ・アレン)

ここではないどこかを夢見る元端役女優のお話。80代に入っても精力的に映画を撮り続けるウディ・アレン。あと何作楽しませてくれるだろうか。

不幸な結婚生活を送っている……と思っている主婦が若い男と恋に落ちる。『カイロの紫のバラ』風味かと思いきや、かなり『ブルージャスミン』寄りであった。

1950年代のコニーアイランドが舞台で、女性のファッションがカラフル。遊園地で流しっぱなしの音楽もふくめ、何曲もオールディーズを楽しめた。

いつにもましてヒロインが語る語る。なんでそこまでアップを多用するかと思ったが。
生活に疲れた主婦の顔

浮き浮きし始めた主婦の顔

狂気交じりの女優の顔

の三段階の変化が見ものだった。ケイト・ウィンスレットはもっと大味な人かと思っていたが、今作の演技を見る限り『欲望という名の電車』のブランチもこなせそう。
上出来ではないにせよ、再婚した妻に「一緒に釣りしよう」、「一緒にボウリングに行こう」と呼びかける夫は好人物であり、日本の観客よりアメリカの観客のほうが「ヒロインはわりと身勝手」と感じそうだ。亭主役のジム・ベルーシはいかにもアメリカの下町にいそうな憎めないオヤジを好演。

ヒロインとまたも騒ぎを起こした息子とがとぼとぼ歩く後ろ姿で裏淋しく幕を閉じるのかなぁと予想しながら見ていた。予想ははずれ、ヒロインの顔を真正面から見せつけられるエンディングであった。豪華なドレスを着て厚化粧した時に、そのふるまいで内面が最大限剥き出しになるという皮肉。

アレンがまだまだ元気なら、次はさらっと粋なコメディを拝ませてほしい。

『コンフィデンスマンJP』第9話~第10話

大阪北部地震において被災された方々にお見舞い申し上げます。
震度7の揺れから3時間以内に電気を復旧させる電力会社の皆さんには、尊敬の念しかない。
粛々とインフラを復旧させる人々をまたもマスコミが邪魔しているようだが、こういうのを規制する法律でもできないものか。


何度も視聴者の裏をかいて新しい技を繰り出してくる古沢チームに脱帽。リピートしたくなる回はとくになかったものの、作り手の志が伝わってくる三か月だった。

一番意外性のあったのが第9話。古沢ならこう来るだろう! という予想を裏切って、「スポーツが人格を陶冶することもある」、「観客に幸せを与えることもある」等等、一周回った感じのスポーツ賛歌、人間賛歌の物語を見せてくれた。

最終回は重苦しい場面が延々と続くので、少々困惑。「こんなふうに生い立ちの苦労ネタで視聴者の心をざわつかせる作りはいやだな」と思わせてか~ら~の、"全部嘘でした"展開には、「全話で一番壮大なペテンだ!」という驚きと「また引っかかっちまった、自分のアホ」といううんざり感を同時に味わった。とちゅうまで、悪党どもは実は国税局ではないかと疑っていたのだが、同じ勘違いをした視聴者は他にいないのかな?

長澤まさみののびやかな魅力はかなり生かされていたと思う。ただ、他の古沢ドラマで主役を張った堺雅人長谷川博己とくらべると根がいい人だから(?)、露悪的な古美門的な台詞にじゅうぶんパンチを効かせられない場面も散見された。小手伸也は『真田丸』で名刺を配る塙団右衛門役が忘れがたい。今回はなんでもできるダー子の相棒としていいスパイスになっていた。

BGM"fox capture plan"もOfficial髭男dismの主題歌「ノーダウト」も楽しかった。

『空飛ぶタイヤ』(監督:本木克英)

原作未読。
WOWOWドラマの出来を超えるのはむずかしそうだけど、主演が長瀬智也氏ということで少々興味を持って鑑賞。極私的にはWOWOW超えの要素はごく少なかったものの、まっとうに戦う者が勝利するジャンルの邦画としては良作の部類と感じたし、クライマックスでは予想に反してウルっときた。漫画原作やお笑いやウジウジ言い訳がましい映画に飽きた人がつめかけてくれると嬉しい。

WOWOWがすごかったのは全5回、"どの立場の人間も守るべきものに(おおむね)真摯に向き合っている"ことを公平な視点で緊迫感を失わずに描き切ったところである。映画版には悪代官と善人みたいなわかりやすい構図があり、ところどころ民放2時間枠のワイド劇場とかサスペンス劇場みたいな味付けがほどこしてあった。もしも原作がTBSドラマの『半沢直樹』のようなノリだったとしたら、WOWOWより映画のほうが原作に近いことになる。赤松パートの演出はどっしりシリアスで引き込まれた。

本木監督はときどきつまらないものも作るが、近年は快作『超高速! 参勤交代』を撮ったし、傑作『神谷玄次郎捕物控』(BSプレミアム)も手がけている。『タイヤ』は緩急自在な2時間であった。

藤澤順一&長田達也の撮影・照明コンビは『舟を編む』以来? ときどき画面が黒っぽくなりすぎたのが気になる。

以下、ゆるいネタバレ。

 

 

*ほんの1分程度とはいえ、運送会社数社を映していた。メジャー映画だから予算組んでセットを作ったのか、実在の会社をちょいとお借りしたのか、少々興味がある。
*どこかお人形っぽいイケメンの沢田が最初からいい人ではなく、言うことも二転三転するところがおもしろかった。最後まで赤松と馴れ合わない展開は粋である。
*エンドロールに入る直前、歌が流れそうな予感が。えええ、こういう映画に○ャニーズのお歌は合わないよ! と思っていたら、桑田佳祐の声が聞こえてきた。説明的な歌詞が今の時代に合うということなのか……正直、歌詞ぬきで音楽だけにしてもらいたかったが、有名ミュージシャンが関わることで宣伝のプラスになるなら、まあ仕方ないかなというところ。
*長瀬氏のこういうキャラを見るのは初めてだ。冒頭は心の中の阿部サダヲが「おいおい、黙ってるとうっかり賢そうに見えるじゃねえか」(『タイガー&ドラゴン』)と言い出しそうになったが、まもなくまじめに集中して見始めた。誠実なよい演技だったと思う。
*作り手の狙い通りではあろうが、高幡刑事の騒がしさも狩野常務のワルそうなにやけ顔も大衆芸能しすぎ。
ホープ銀行頭取を津嘉山正種が演じるとは! 出番は少ないながら「チェックメイト」よりは長い台詞を言ってくれて嬉しかった。
WOWOWより味があったのは赤松の妻のキャラ。深キョンが演じることもあり、明るく強くチャーミングな奥さんだった。彼女の、いじめの容疑者に一人一人当たってみる戦い方は、のちの赤松の行動の引鉄となる。
*『超高速! 参勤交代』シリーズの面々が、わかるだけでも6人出演。監督と相性がいいのだろうか。和田聰宏がいつもながらずるがしこいキャラを好演。
*門田を演じた安倍顕嵐はエグザイル系かと思ったら、まったく予想外の所属であった。この人も好演。

『鳴門秘帖』第7回『絶体絶命の船出』

春田純一がしっかり腰の入った太刀捌きを見せてくれた。さすがはJAC仕込みである。あっという間に終わってしまったが、これまでの7話で一番見ごたえのあるチャンバラだった。

前回の予告では「隠れ場所がばれてしまうのか?!」とハラハラさせられたが、お米陣営が一枚上手であった。
お米は無惨な最期を遂げる。愛する人の役に立って死ねたのだから本望か……でも、見るからに痛そうでああいう殺され方はしたくないものである。宅助に同情が湧かないのは依怙贔屓というものか。

手に手を取って海中に飛び込む弦之丞とお綱。重い刀を持っても沈まないの!? なんて突っ込みは禁物か。

『BORDER』再放送スタート

6月1日夜9時から毎週金曜日、テレ朝チャンネル1にて。

評判を耳にして、ぜひ見たいと思っていたミステリ・ドラマ。昨年10月放送の単発『BORDER 贖罪』には惹きつけられた。本放送が4年も前だとは知らなかった。

銃弾が脳内に残ったために死者と会話を交わせるようになった刑事が主人公。ミステリドラマは山のように作られてきたので、オリジナリティを出すのは至難のはず。こんなアイデアを思いつくスタッフは偉い。
原作者の金城一紀はかならずしも好きな脚本家ではないが、今回では好みの部分だけ発揮してくれているとよいなぁ、と虫のいいことを期待する。『SP』も『CRISIS』も熱さとクールさがないまぜになった快作だったが、今回は熱さ控えめで、出だしのモノローグからしてクールでダークである。それにしてもタイトルを英語にしたがるのはなんか理由があるのかな?

とちゅうから川井憲次っぽい音楽が流れてるなぁと思ったら、やはり川井憲次だった。
ぴりっとした演出は、橋本一
金城ドラマに登場するレギュラーの女性は、「自分の仕事をきっちりかたづける」、「よけいな感情をべたつかせない」の二つの特徴を備えている印象があるが、比嘉もその流れを汲んでいる。夜の公園での石川と軽くジャブを打ち合うような言葉のやり取りも、署内での石川に背を向けての持論の展開もかっこよい。時にすべてを見通すような、時に目の前のものを見ていないような波瑠の目が気になる。

石川に助けを求める死者たちは、血まみれで泣きじゃくりながら迫ってきたりせず、衣服を整えて冷静に語りかけてくる。このへんの演出は品がある。

ひところ犯人の生い立ちやら気持ちやらに焦点を当てる作りがもてはやされたものだが、決定的瞬間の被害者の実感を重視する演出に新鮮味を感じる。死者の無念を晴らし、成仏させてやる石川は、これから宗教家のようになっていくのだろうか。

死者は現実的な証拠を与えてくれるわけではないので、石川は犯人の自白を引き出すために危ない橋を渡る。二回目以降、情報屋に何をやらせるのか興味津々。情報屋が「俺は班長の直属」と称していたが、それがこれからトラブルの元になるのだろうか?
班長の老眼設定は何かの伏線? エンケンはあいかわらずいい味。小栗旬はまったく危なげなし。

これから三か月、毎週金曜日の楽しみができた。

『コンフィデンスマンJP』第7話~第8話

今のところは、第7話が一番後味がよかったストーリー。
ボクちゃんは心置きなく与論要造を看取ることができたし、(欲しくないとか言ってたけど)金銭を手に入れたのだから、彼が一番の勝者だと感じた……が、目利きのみなさんの「家族ごっこができたし、一番大きなフェイクを成功させたのは要造だから、要造の勝ち」というご意見を目にして、そういいえばそうですね、と思い直した。
途中まではお手伝いさんがラスボスではないかと疑っていたが、まあラストから二番目のボスくらいか?
十億円相当の証券の存在を知るまでは、当方もボクちゃんレベルでダー子に騙されていた。

前回もまたカモが幸せになって終わる話だったから、第8話もそうかと予想したが、今回は又予想外の変化球だった。とりあえず、作り手が終始、視聴者にカードを正直に見せていたのが前回までとの決定的な違いだ。
長澤まさみ演じるダー子は美貌全開でランウェイで輝くが、それでも映画『モテキ』での小悪魔的完璧美女に比べるとどこか滑稽感を漂わせるところがすごい。
古沢ドラマというのはしばしば、盛り上がってきたところで突然、視聴者に視点の転換を促す。その瞬間に居合わせるたび、脚本鮮やかなり! と感嘆させられる。美濃部ミカの罵倒はたしかにひどかったが、「あなたは火傷を負った私の母とは違う、体重など努力すればなんとかなるでしょ!」という叱咤激励の気持ちがこもっているように感じられた。ミカはクリニックから退いたのち、形成外科医にでもなるのかと思いきや、ヨモギを使って女性たちの美への貢献を続けるのであった。

マスコミへのリークを解決策にするドラマは嫌いなのだが、今回の顛末はさすが古沢良太で、「煽られて盛っちゃいましたぁ、てへ」には、まー実際はそういうの多いだろうな! と大納得である。下品な真似をしたくないというプロ、リチャードの美学が、素人の浅ましさに負けたってのも、皮肉と言うか、このご時世を反映したほろ苦い小話であった。