六兵衛と麟太郎

期待半分で見たドラマ二つ、どちらもおもしろかった。偶然、二作とも主役が吉川晃司。

2018年、WOWOWで放映した『黒書院の六兵衛』をシネフィルWOWOWで6話、一挙再放送。
名手、浅田次郎の原作は未読。
江戸城明け渡しが決まり、将軍が城を出ていく。五書院番士の的矢六兵衛は付き従うべきところ、一人で城に居座る。尾張藩士、加倉井隼人が穏便に六兵衛を追い出す役目をおおせつかるも、ことは簡単に進まない。
実は六兵衛は五千両で旗本の身分を買ったとか、本物の六兵衛はできのいい武士ではなかったとか、以外な事実が次々に判明する。
隼人は、無言の行を続ける六兵衛にしだいに親しみを感じていく。
勝海舟維新三傑大村益次郎など錚々たる面々が六兵衛と対面し、最後は一目置くようになる。大村や木戸は若干安っぽさを感じさせる造形だったが、やがて眼力の持ち主と示され、意外性で視聴者を惹きつける。若き明治帝と六兵衛の対面シーンは出色。片岡千之助のたった一言の台詞に重みがある。
いまだに残っているWOWOW公式の紹介文には「謎の御書院番士と名もなき下級武士との熱き反戦友情物語」とある。地上波じゃあるまいし、なんでそこで「反戦」とまとめるのか。おのれの意地で、武士の世の終焉を見届けようとした点が肝要ではないのか。
これは、と思う時代劇で高確率でナレーションをつとめる石橋蓮司がここでも渋い声を聞かせる。「けっして物言わぬ六兵衛は、流れゆく時と変節せる人心のなかにあって、母なる国の花のごとく風のごとくに変わらぬ良心そのものであった」
原作では最後まで六兵衛は隼人に口をきかなかったそうだが、ドラマでは隼人を抱きしめ、少ないながら言葉をかける。「物言えば、きりがない。しからば体に物を言わせるのみ」。脚本家、牧野圭祐のセンスに痺れた。

隼人は現代で言えば等身大のサラリーマンだが、あくまで江戸末期の武士のはしくれの存在感はあり、崩れたところはない。
演出は李闘士男。この人の作品に泣きたくなるほどつまらない映画があったのだが、あれは制作のお偉いさんから何か横やりでも入ったせいなのか?? 『六兵衛』は緩急自在で一瞬も目を離せない。時代の変り目の江戸の緊迫感ただようなかに、いつの時代もかわらない宮仕えをする人々のぼやきやジャーナリズムの誕生がたくみに織り込まれている。一番魅力的と感じたのは、城内の撮影だ。とくに夜間、蝋燭の明かりに浮かび上がる襖の美しさなど、近ごろは大河でもなかなかお目にかかれない味わいがある。
吉川晃司の端正で格調高い所作は――『八重の桜』でも発揮してくれたが――一見の価値がある。彼と同世代で、無言であの存在感を出せる人がいるかというと、ちょっと思いつかない。上地雄輔は『のぼうの城』でも『超高速! 参勤交代』でも好演し、もはやりっぱな時代劇俳優である。意外と、知性派もふつうの善良な侍も演じこなせる器用な人らしい。六兵衛の奥方を演じた若村麻由美、的矢の先代を演じた田中泯とも、奥行きを感じさせる、いつもながら見事なお芝居。ごひいきの千葉哲也徳川慶勝をやってくれておおいに満足した。

『探偵・由利麟太郎』(カンテレ)
横溝正史の原作は未読。由利探偵シリーズの存在すら知らなかった。
(おそらく)猟奇的な原作を、軽くなりすぎない範囲で現代風味に仕立てている印象。『マーダー・バタフライ』エピソードはライトグレーがかった色調にしたところが珍しい。高岡早紀はもはやザ・女優、一流の女優という感じで、この手の華やかで業が深い女性をやらせたら敵なし! である。
残すところあと一回。惜しまれながら終わるのがいいのだろうな。吉川晃司は浮世離れした探偵がはまっている。あのロングコートが似合う人はなかなかいないだろう。巨大な弓を射る設定にびっくりした。エンディング・テーマ『焚き火』は低音のスキャット? かなり後を引くメロディーである。


吉川氏は役幅が広い、というわけではないようだが、今どきのスターが苦手そうな上記二役とも、すばらしい演技を見せてくれた。最近の日本の人気俳優のうち、東アジアの外に出しても「女みたい」と言われるおそれがないタイプはひじょうに少ない。吉川氏には、海外を視野に入れた映画でもぜひ活躍していただきたい。大河ドラマに関しては、重厚さを取り戻す期待がもてなくなってきたけれど、氏が数回でも出演して画面を引き締めてくれたらありがたい。

 

『美食探偵』終わる

東村アキコの原作は未読。
あまりに小池栄子の評判がいいので、第3話から録画視聴。第2話はネットで再生できたが、初回を見ていないので勘所は抑え損なっていると感じる。

素人探偵の明智五郎が、弁当屋を営む小林苺――明智は執拗に「小林一号」呼ばわり――を助手として、食にまつわる殺人事件を追う。殺人鬼・マグダラのマリアは、怒りや悲しみをかかえた人間たちを犯罪に駆り立てる"黒幕"であり、明智にとってのラスボスであり、さらには彼にとって唯一理解し合える相手、のようにも見える……。

オープニング曲は坂東祐大のオリジナル。サン・サーンスの『死の舞踏』を彷彿させるメロディーも含まれ、ちょっと妖しい美食と死の物語にぴったりだ。照明も、遅い時間の大人も楽しめる世界作りに一役買っている。

食の世界に魅入られた明智は、タナトスの女王のごときマリアに魅入られてしまい、絶好の逮捕のチャンスにマリアと手に手を取って逃げ出したりする。それでも、おいしい弁当を作る苺が殺されそうになると涙する。まあ、ちょっと日本のドラマではあまりいなかった人騒がせな探偵さんだ。

長谷川博己に砂糖少々加えたみたいな中村倫也は、食に敏感で服のセンスが微妙で浮世離れした明智五郎を的確に表現。今後の活躍に興味がわく。芸達者な北村有起哉が語尾に「にゃあにゃあ」つける(が名古屋弁ではない)妙な方言を話す上遠野刑事を楽し気に演じる。佐藤寛太劇団EXILEの人らしいが、コメディセンスがいい。シリアスな役でも見てみたい。友情に篤い女バイカー桃子を演じたのは富田望生。たんなるふっくら枠扱いではなく、生きた脇役設定だったのが嬉しいし、本人ものびのびと演じていた。
小池栄子は評判にたがわぬたいそう魅力的なファム・ファタールであった。第6話での小芝風花との対決シーンは、いろいろな意味での格の違いを見せつけた。日本のドラマは子供っぽいと言われがちだが、マリアのような危険で毒のある大人の女を出せるのなら、まだ捨てたものではない。

評判がよかったからといって、「実はマリアは生きていた」ってな調子のスペシャルとか第二弾は興ざめなので避けていただきたい。

『黒い画集~証言~』

松本清張の原作は未読。ほかの映像化作品も未見。

さすがNHKと感じたのは夜間シーンの照明で、バーの場面など『あてなよる』のスタッフが担当? と思うくらいムードたっぷり。
絵作りも音楽も谷原章介浅香航大の声も落ち着いていて、ストーリーも「最後は誰が誰をヤるのか?」と最後まで目が離せず、上質な和製ミステリドラマを堪能した。

再度の映像化で視聴者を飽きさせないためには、どこか改変しなくてはならないし、LGBTがどうのこうのというご時世なので、ああいう設定になったのだろう。しかしあんまりホモネタが素敵と思えない口としては、これから毎度毎度あっち方面の濡れ場を見せられるのもかなわん、というのが正直なところだ。

貞一郎宅のリビングの壁が独特な深みのある色合いだった。
なんで奥さんの友達はあんなに下品なのか、そこがちょいと残念。

智久による別れの作品が「黒い画集」なのかと思ったら、違った。『黒い画集』というのは今回の『証言』を含む短編集なのだとか。『天城越え』も収録されているのなら、ひとつ読んでみようか。

 

『麒麟がくる』第十七回『長良川の対決』

たいていの大河では4~6月あたりに主人公の父親的存在が退場、代替わりが行われる。
今回はそれに当たる一つの山場である。
作り手が力を注いだのは道三の死の見せ方だったろうし、視聴者側も多くはそこが目玉と感じたようだ。

自分は明智家の代替わりの場面と、光秀と地侍たちとの別れの場面のほうに打たれた。
前回まで、薄い物語をジョン・グラムの音楽でカバーする場面が多々あったが、今回の感動的な場面では内容とBGMがマッチしていた。
義理堅い光安が、実子ではなく亡兄の嫡男に次代を託す。自分が知る限りの大河では、新パターンである。
傑物ではないが周囲に目配りもきき、誠意のある男、光安。西村まさ彦は『真田丸』の役柄もよかったが、今回はひねりがきいていないのに魅力のある、やりがいのある役だったと思う。

人望のある武家と領民の涙ながらの別れ。時代劇ならではの様式美である。池端の作劇だから、今後は恩知らずの家来というのも十分に描かれるであろう。それだけに貴重な一こま。
「今日まで長々とお世話になりました。私も村の者も何もお助けできず、口惜しいかぎりでございます。お供をしてお守りしたくとも、田や畑は持って歩けませぬ。ご一緒にと思うても……できませぬ」
「かたじけない。そう申してくれるだけで……我ら明智家こそ、長きにわたり皆に支えてもらい……世話になり……それが、こうして出ていくことになろうとは……無念と言うよりほか……伝吾、すまぬ。無念じゃ! 皆の志はまことにありがたい。だが早々に立ち帰れ! 皆、達者でおれよ。また会おう。また会おうぞ!」
「行くぞ!」
「はい!」
徳重聡の前に伸びない感じの発声は、いつもは苦手なのだが、今回はデリケートな表情作りもふくめて立派な演技と感じた。兵農分離以前の田畑を耕す侍を、ここまできちんと説明して、小中学生にも勉強になったのではないか。
動きたくないとごねるお方様を、笑って送り出そうとする演技も心にしみる。
高政軍の声の伝わり方と、十兵衛の館と光安の館の距離感がなんだかちぐはぐで残念。

道三の家紋、二頭立波はてっきり大河オリジナルかと思いきや、実在だったと知る。大河効果で人気が出ているようだ。書店や図書館に足を運ばなくともレアなことの調べがつく。ありがたい時代である。

モッくんは『ファンシィダンス』などのナチュラルな芝居もよかったし、『徳川慶喜』のタイトルロールや『坂の上の雲』の秋山真之役の渋い演技もよかった。が、今回はちょっと台詞の聞きづらさが気になった。密着ドキュメンタリーではコンプレックス云々と言っておられたが、だったら発声のトレーニングをすればよいのにと思ってしまう。次は怒鳴らない役をやっていただきたい。

帰蝶が父親の討ち死にを聞いても、涙にくれるのは短時間で、すぐ次の対策を練るところが、さすが戦国の女という感じ。伊呂波太夫の出番が多すぎると、ちょっと嘘っぽくなるのでほどほどにしてほしい。池端脚本とオノマチの相性の良さは知っているけれども……。

来週はいよいよ光秀が朝倉家と関わるもよう。新展開が楽しみだ。駒の髪型は「まだ子供」の象徴かと思っていたが、ずっとあのままなのだろうか?

 

『欲望の資本主義2020スピンオフ』

2019年に放映されたインタビューの未放送部分も足して再放送したもの。

ジャック・アタリ大いに語る』
フランスの経済学者、思想家、作家。
いかにもNHKが選びそうなグローバリストという印象。
「日本は中国の工場とは切っても切れない」だの「もっと中国人を入れるべき」だの、コロナ禍の今、おのれの発言を思い返して不明を恥じる……なんてことは、おフランス人だからなさそうだし、ことによると「前から中国の危険を警告していた」くらいのことは言いそうである。
「次に来るのはアフリカの時代」:説得力無し。それとも、中国が牛耳るからアフリカの時代になるということか?
「将来、宗教的過激派とエコロジストが結びつく可能性がある。ひじょうに恐ろしいことになる」:唯一、深く心に刻まれた言葉。グレタとISISがつるむことはなさそうだが、第二第三の問題児の登場に要注意である。

『ジョセフ・スティグリッツ大いに語る』
経済学者@コロンビア大学
インタビュアーの安田洋祐が「日本には三方よしの言葉がある」と発言、スティグリッツが「これからは利他主義の時代」と応じた。順番は逆だったかも。日本の企業家がこの言葉を真に受けて、外国でカモにされるなんてことにならないか、心配である。日本国内にかぎれば、アリ。にわかには信じがたいが、ヨーロッパでも、老舗企業のなかには「三方よし」的な発想がある、と某有名ツイッタラーが書いていた。

『二―アル・ファーガソン大いに語る』
スコットランド出身の歴史学者
「大惨事を避けるための先行投資はほぼ無駄となり、大惨事を避けたことに対して誰も感謝しない」:非常時の電力会社などの努力を報じないNHKの社員の耳にはおそらく届かない言葉だが、忘れてはならない真実。献身的で立派な人も少なくないが、駄々っ子の数はそれをうわまわっている感のある昨今の日本を思う。
「定常状態を破るには戦争か災害しかない」:日本では災害が革命(や戦争)のかわりになった、という萱野稔人の言を思い出す。

エドワード・ルトワックナシーム・ニコラス・タレブを、NHKがたとえBSでもピックアップすることはなさそうだ。が、海外ドキュメンタリーで彼らをフィーチャーしたものがうっかり輸入される可能性はあるので、それを拝める日を楽しみにしたい。

『麒麟がくる』第十四回『聖徳寺の会見』

「暗い、見にくい」と苦情が来ないように画面を明るくし
「むずかしい」と言われないように諱呼びを多用し難解な用語は避け
「男偏重」と煽られないように女性の出番をふやす
……という工夫を強いられていると想像するので、本来の好みではないと文句は言いたくないが、池端脚本! と聞いて興奮した日々を思うと、かなり冷めた目で視聴している。
今とは違って"命が軽い"ことをさらりと描いているところは好ポイント。これは『おんな城主 直虎』との共通点。
些末なことで過剰にくよくよする演出がないところは、昨年の『いだてん』からの好もしい流れだ。
戦国時代を扱えば国衆の力をおろそかにしない描き方も、すっかり定着した。

今回は蝮とたわけの対面が肝だったが、高政と蝮の対決のほうがおもしろく感じた。
歴史通の皆さんは、"高政=あかん子"がよ~く出ていてよろしい! というノリで見ておられたようだ。
意外と(?)伊藤英明のほうがモッくんより発声がしっかりしていることもあり、極私的には高政が圧倒的不肖の息子に見えなかった。直接信長を見てないんだから、しゃあないやん、という気分。
一番印象に残ったのは、稲葉良通と高政のやり取りである。

高政:土岐様が追い払われ、美濃には守護がいなくなった。誰がこの国を守る!? 一度会うただけの、海のものとも山のものとも思えぬ男に兵を出す。それがこの国の主だ。この国はつぶれるぞ。
稲葉:高政様、もはやぐずぐずできませぬぞ。高政様が家督を継ぎ、政を執るべきじゃ。このままでは、国衆がおさまらん。
高政:わしが家督を継げば、国衆はついてくるか!?
稲葉:わしが請け負う。急ぎ国衆を集め、家督を譲れと殿に迫るほかない。

「今こそ起て!」シーンは大河ドラマの醍醐味。主従の決意に満ちた表情と、力強いBGMに、「懐かしい、これが大河だ」と興奮した。『炎立つ』で漢のなかの漢、安倍貞任をひじょうに魅力的に演じた村田雄浩。今回もさらなる見せ場を期待したい。
深芳野の死に取り乱す道三。「わしはあれを愛していたのじゃ」なんて言い出したらどうしようと思ったが、それよりは味のある言い回しをしてくれてほっとした。
帰蝶が親父譲りのしたたか者と設定されているのは愉快。ほんとにエリカ様はもったいないことをしたのぅ。

蛍光ペンみたいな衣装が多いのにはついていけないが、衣装の色でキャラ分けするのはおもしろいアイデアではある。

放送開始前、池端氏が「光秀は聞く人」と定義していた。なるほど、理知的な表情で主君や同輩の主張をじっと聞く場面が多い。入力した大量の情報をどう咀嚼したのか、あきらかになるのは下半期に入ってからだろうか。

久しぶりに『太平記』を再見し、一人称「身共」の使用は踏襲していると知る。
麒麟』HPで脚本家リストに前川洋一の名を発見。この人にオリジナルをやらせて大丈夫なのかぁ??

 

『柳生一族の陰謀』

首がゴロン、腕がゴロン。
このご時世によくがんばって『柳生一族』のリメイクをした。その意気やよし! 横溝正史シリーズと同じチャレンジ精神を感じる。
肉親だろうと仲間だろうと、目的のためなら手段を択ばずコロコロしていく人々。久しぶりにテレビ画面から、迫力ある悪知恵とか競争意識とか執着というものが伝わってきた。

深作欣二の映画は見たはずなのに、記憶に残るは萬屋錦之助の絶叫「夢でござぁる!」のみ。それがあんなモンを抱えながらの場面だったとは!

西片友樹Dの演出を堪能した。室内シーンの重厚感が嬉しい。映画版より力強いとは言い難い殺陣の場面を、おそらく『スローな武士にしてくれ』でも使われたスーパースローモーションやワイヤーアクションを駆使して、ある程度見せるものにグレードアップしたようである。カメラが寄りすぎて、十兵衛の動きがよくわからない箇所があったのは残念。
溝端淳平はさらに稽古すれば、けっこう良いチャンバラ俳優になれるかもしれない、と感じた。せっかく山田純大を出しながら、刀を抜かせなかったのは大変もったいない。岡山天音荒井敦史は(この作品設定での)暗愚な家光と英明だが甘さもある忠長にはまっていた。かつての志穂美悦子に匹敵するアクション女優は……世間が求めないから出てこないのもしかたがないか。