『おんな城主直虎』第45回~第46回

歴代大河の首桶登場回数のランキングを知りたくなってきた。昔の大河で首桶といったら、主人公が打ち負かした敵の大将のそれであることが多かった。今年は違う。しかもhot warの戦利品たる首ではない。大国に国を潰されないよう交渉をまとめるために、主人公の身内や親友が犠牲になった結果なのだ。

行政をていねいに描くのが今作の美点だが、交渉をスルーしないところも近年では稀ではないか。一度は信康助命をあきらめた家康が氏真に一縷の望みを託し、氏真は瀬名のために奔走、北条と同盟を結ぶ。結果的には瀬名を救えなかったわけだが、歴史の裏にはのぞんだ効果に結びつかなかった同盟……どころか、成立直前で決裂してしまった同盟が山とあるはず。歴史の教科書に太字で書かれない物語の積み重ねが、『直虎』に厚みを与えている。

信長役は多少大根でもカリスマがあれば務まるようだが、家康役はそうはいかない。『真田丸』で内野聖陽が見事な演技を披露したあとでは阿部サダヲは分が悪いかと心配したが、森下流の成長期の家康を立派に体現していて惹き込まれる。

いったいいつ見せ場がくるのかとじりじりさせられた栗原小巻は、第45回に真価を発揮。戦国の母の論理と情で家康を諭す場面は、今年のベスト5に入るはず。寿桂尼といい於大の方といい、大局を見て君主がとるべき道を冷徹に語れる女傑が出てくると、「これが大河だ!」と思える。
極私的にはここ2回の『直虎』で感銘を受けた演技者は、栗原小巻とならんで平埜生成。"正室を通して側室を選ばなかったところが迂闊"説にするかと思いきや、それはなかったので、高潔で賢い跡取りの悲劇と受け取っていいのだろう。平埜氏の再の大河登板が待たれる。この人の何がすごいって、信長とか松永弾正のような威圧系キレキャラはもっと得意なのではと感じさせるところなのだ。

『監獄のお姫さま』第6話「奇跡」

産科婦人科医の宣告を聞いて、家人ともども「え、じゃあ勇介の父親は誰?」と騒いでしまったが、タイトルを素直に信じるべきだったらしい……ツイッター上には自分らほど心の汚れた人がいないようなので反省した。

先週出所する背中がかっこよかった小シャブが安易に舞い戻ってきて萎えた。クスリには弱いけど、仕事すると何をやっても軽く店長になれる女。こういう人って実際にいそうだなと思わせる。
復讐を決心する馬場あらため榎木カヨ。だが同室のメンツで綿密な計画が立てられるとも思われぬ。カヨは出来るキャリアウーマンだったはずなのに、刑務所内でも出所後もその片鱗すら感じられない。それとも最終回でとつぜん知恵が回り出したりするのだろうか?
復讐プロジェクトは、今のところ一番賢そうに見える"先生"が仕切ってきたということ?

長谷川が登場するたび、なぜあれで司法試験に合格できたのか疑問がふつふつと湧いてくる。切れ者だけどクズな吾郎と対照的……対象的というのはちょっと違う。

それなりにかっこつけてあれこれ抗弁する吾郎。だが不必要に長めに切られた結束バンドがにょきにょき飛び出しているさまが、滑稽にしか映らない悲しさ……。

前川清の慰問シーンが涙と笑い満載でさすがクドカン
「これって女性蔑視じゃないんですか?」
「うるっせえな、つまんないこと言わないの!」
も最高。クドカン節なら主婦層のクレームも来ないのだろうな……しかし、世の中にはマニュアル娘の台詞こそ脚本家の問題提起と解釈する人もいると知り少々ビックリ。
平成29年現在、シャボンのにおいを嗅ぎたかったら、お母さんのかわりに働いている洗濯機を一時停止にして蓋をあけてクンクンするしかないがな。ドラム式だとそれも無理だが。

『監獄のお姫さま』第5話「母性」

まー、出てくる男出てくる男クズかボンクラばかりで、クドカンは平成の溝口健二をやりたいのかと勘ぐっていると、うさんくささの塊みたいな護摩刑務所長がいきなりいいこと言ったりするので油断がならない。できれば『うぬぼれ刑事』みたいな突き抜けたバカ話で笑いたかったのだが、毎回エンディングロールが流れるたびに「もう終わり?」と思ってしまうので、またも脚本家(および他のスタッフ)の手中にはまってしまったようだ。

最終回で初回の誘拐から数時間後が示されてユーモラスなエンディングを迎えることだろうが、これからどんな展開を迎えるのか見当がつかない。

刑務所内の母親ごっこが微笑ましい。すべてを奪われた女たちだからこそ赤ん坊に無償の愛を注げる、という方向の安易なまとめはなかった。「赤ちゃんは人を区別しない」の台詞が見る者の心を刺す。

ある種の"檻のなかのユートピア"を描いた直後に、馬場カヨの息子のつらい現実を語らせる。甘さと苦さの塩梅が絶妙である。
勇介を迎えに来た吾郎の憎々しさとイケメンぶり! 民放になじんでいるのかどうかよくわからない伊勢谷友介ならではの存在感だった。スローモーションも最高に効果的。

あまり話題にならないようだが、小島悠里が出所する場面が心に残る。「あたしには迎えに来る男もいない……ま、しゃあない」と言いたげな猫背椿がなんともハードボイルドなムードを醸し出してかっこよかった。

『BORDER 贖罪』

連ドラ『BORDER』がたいそう面白かったと聞き、そのうちDVDレンタルでもしてみようとぐずぐずしているうちに、SPドラマ放送の日が来てしまった。石川の葛藤への理解などは連ドラ視聴済みの方々に及ばないながら、CMカットで1時間34分、独特の世界に浸ることができた。暗めの色調が落ち着くし、アングラ4人組には少々漫画じみた滑稽味を感じつつも、いつもの金城一紀の臭みがなくて助かった。石川にだけ見える人物の出し方が巧みで、このあたりはWOWOWレベルではないか。

正義の殺人と悪の殺人に違いはあるのか? 正義の殺人を犯した感想は? 主人公は終盤で答えを出す。これからずっとうじうじするだけだったらかなわんなぁと思っていたが、納得できる言葉を聞けた。もし続編が作られたら、現代版必殺仕置き人めいたドラマになるのだろうか?

脚本と主演以外にも『CRISIS』とまぎらわしい要素あり。一番ちがうのは、『BORDER』がアクションドラマではないことか。終始沈鬱な表情ながら断じて一本調子にはならない、小栗旬の表現力に魅了された。ボソボソしゃべっても聞き取りやすいのは舞台の基礎があるから? NHK以外に居場所がないかと思っていた青木崇高がいきなり出てきて驚かされる。骨太な個性を生かすというより、コミックリリーフ的な役割だった。女優の使い方がしっくりくるのは、金城流職業ドラマのいいところ。波瑠はまっとうに仕事をする有能なプロを体現、中村ゆりかは薄幸の女にはまりすぎ。

オープニングのテロップで「これはイケそう」と思わせたのは「音楽:川井憲次」の文字。ぜいたくを言えば、もうちょいドライな感じにしてもいいのにと感じた場面がちらほらあった。

『監獄のお姫さま』第2話

今年の民放視聴は『CRISIS』オンリーになりそうだったところ、クドカンのドラマが始まったので楽しみに見始めた。森下愛子が主要キャスト入りとは、やはり脚本家が局から信任を受けているゆえか。しかるべき理由があって「民放には出ない」と宣言していた伊勢谷友介が出演すると聞いたときは少々驚いた。本人の意識の変化だけでなく、民放側がアイドル人気とか謙虚なポーズとかと無縁な人を大役に採用した、というのも意外。

やたらと時空を行ったり来たりする手法は『木更津キャッツアイ』を彷彿させる。極私的には『うぬぼれ刑事』のような底抜けにバカバカしくて愉快なコメディを期待したのだが、さほど弾けた作りではないし、第2話は半分くらいシリアスなお話だった。馬場カヨの心のもやもやは、ずいぶんと良心的に丁寧に描いていた。またそれに応じる板橋の上から目線というか若干無神経な口のきき方が、中の人そのものな感じで、見ているほうは思わずニヤニヤ。伊勢谷氏はそれを自覚して演じているのかな? 彼の映画向きの華がテレビ画面になじまないという目利きの見解を読んだ。最終回までに彼がどこまでドラマの枠からはみ出してくれるか興味津津。

満島ひかりは高水準の作品によく出るわりに特に好きにはなれなかった女優だが、今作では若井先生を颯爽と、ときにサディスティックに演じていて魅了される。猫背椿もせっかくのクドカン作品なので、きっと大きなことをやってくれるだろう。池田成志にあれっぽっちの役をやらせるとは贅沢というか少々もったいないというか……。

来週はいよいよお姫さまが登場するもよう。ということは、視聴者がこぞって板橋に蹴りを入れたくなるようなクズっぷりも明かされるのだろうか。

『全力失踪』最終回

「人は絆がないと生きられない云々」のあたりで「嶋田うれ葉、お前もか」と少々がっくり。が、D本がない! 以降の怒涛の展開には心躍った。妻の行動はまったく予想がつかず、嶋田氏に脱帽である。

未練たらしく東京にもどる磯山。「新婚時代の聖子が忘れられない」ならともかく、露骨に夫をATM呼ばわりする7年前のイメージが消えないまま帰宅する心理は少々解せない。磯山に文句を言いながらきっぱり離婚しない聖子は「潔くない、自立心がない」印象だったが、7年のあいだにパン作りを学んで店まで持ったのはあっぱれ。

聖子が結婚をあせったのは不倫相手の子をみごもってしまったからかと勘違いしていた。とんだ邪推である。
スケコマシの芹沢は完全退場かと思いきや、7年間聖子とつきあい、店の経営を応援していたとは! 見かけによらず粘り強さも誠意もある男である。
金貸しのキャラ造形がじつに斬新で、彼とななみの迷コンビはもっと見てみたいほどだ。鉄オタやってる時のほのぼのしたムードがおかしい。終わってみれば心からの悪人は一人もいなかった。(序盤の詐欺グループをのぞく)
見ようによっては"詰めの甘さ"が共通する男三人で店がどうなるか心配である。ななみがビシビシ鍛えてなんとかなるのだろうか。人件費は……とか突っ込んではいけないな。

追い詰められた男の逃走劇だが、湿度過多にならずスピード感がある好もしいドラマだった。
原田泰造をはじめとして芸達者ばかりなのも、BSプレミアムならではか。高岡早紀釈由美子のような色っぽい美人の使い方もしっくりきていた。行く先々で受け入れられる"流れ者"磯山。温かい人間模様が押しつけがましくなくてよい。プロレスの団体はいい奴ばかりだったなぁ。

全体に苦みと甘さの塩梅よし。
失踪取り消しなど一般人にはなじみがない各種手続きの紹介もおもしろかった。

『おんな城主直虎』第39回『虎松の野望』

"まだ十五歳"を強調するためとはいえ、虎松の顔芸のしつこさに辟易した。
ただ、小才覚のあるこわっぱが大人にぺしゃんこにされる展開には、知的ゲームを見るおもしろさがあった。振り返ってみると『直虎』ワールドは、未成年を不当に活躍させないし、いわゆる女子供の正論、きれいごとが通らない大人の世界である。

亥之助が虎松に諄々と説く。「寝首をかくには寝所に入らなくてはなりませんな。そのためには、小姓に上がらなくてはなりませんな」。近藤が逃亡を決意する場面にも共通する、過程をないがしろにしない森下流のよい台詞。

家臣の侃々諤々をうまく利用する家康。阿部サダヲの表情が、『真田丸』より前のお茶の間で共有されていた"食えない古だぬき"っぽくなってきた。最終回までにどこまで重みが出せるだろう。

虎松、亥之助と同時に高瀬も配役チェンジ。高橋ひかるが落ち着いて好演していただけに、今回の妙に明るい高瀬には違和感を持った。

瀬名役の菜々緒が出てくるたびに「あと何回出演できるの?」と思ってしまう。今回は信康も登場して胸アツ。気迫を感じさせるつらがまえに見憶えが……と思ったら、やはり『重版出来!』第5話で若き日の久慈社長を演じた平埜生成だった。昨年6月に「単館系の映画かNHK土曜ドラマで再会したいタイプ」と書いたが、大河で再会できるとは! キャスティングした人に拍手を送りたい。瀬名と信康の最期の場面では、大河らしい重厚なムードが醸し出されると信じている。