読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『CRISIS:公安機動捜査隊特捜班』episode.5

想定外で出てくる不審なおにいさんたちが物凄く人相悪いわけでもないので「平成維新軍?」と思ったが、そうではなかったらしい。ということで、episode.5は維新のみなさんお休みの回。

潜入捜査官の苦しみを語る西島秀俊……これ『ダブルフェイス』じゃないよね? こういうのを敬意をもったオマージュと感じるか、ちょっと笑っちゃうか、見る側の精神状態や好みに左右されそうだ。

潜入捜査官の苦しみを表現する小栗旬。沢田の遺体を前に立ちあがる時の、絶望とか空虚感とか怒りなどといった言葉による安易な形容を拒絶する表情づくりがすばらしい。あまちゃんの正義漢ではない男でもここまでダメージを食らうのだ、という説得力。涙や絶叫で説明させない金城一紀の脚本もハイセンス。ここでBGMがもっと控えめだったらさらに上級ドラマになったとは思うが。

「責任は俺が取るから心配するな」
鍛冶はふだんは「わたし」で、腹をくくると「おれ」になるわけか。今後はどんな"食えない"司令官ぶりを発揮してくれるか楽しみだ。

アクションシーンは毎度秀逸。アクション監督の田中信彦氏とアクション・コーディネーターの和田三四郎氏の役割分担がよくわからない。来週は特殊警棒の大立ち回りに乞うご期待!