読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『軍師官兵衛』第4話『新しき門出』

大河ドラマ

覚悟はしていても、中谷美紀の無駄遣いが悲しい。女性を木に登らせるのは、朝ドラ第一作以来のNHKの伝統だそうだが、こういうつまらない習慣は終わりにしてもらいたい。白洲正子がはまる女優にはしたない真似させてはあきません。

今回、唯一ちびっとでも嬉しかったのは、嘉島典俊のお顔を拝めたこと。『風林火山』ではカピ様の弟、典厩を演じ、今回は秀吉の弟役。賢さがわかる台詞を一つくらい言わせてくりゃれ。

地味な休夢の存在がいつも気になる。隆大介さんてば映画『幕末高校生』に出るのかぁ! 脚本の期待値は『官兵衛』とどっこいどっこいなんで、せめて殺陣の見せ場くらい作ってもらえますように、ナムナム。『継承盃』のすぐおヒス起こす若頭と『翔ぶが如く』の頭が固い江藤新平くらいしか見たことないので、包容力ありげな休夢は新鮮。何度も見た役者ではないのに、妙に懐かしさを感じさせる。

岡田君は、手綱から両手放して何か書きながら馬の向きを変えていた。アクションの見せ場にかぎっては、例年になく優遇されている主演俳優だ。真田広之以来の、横倒しにした馬を起こす技もやらせてみる気かな、馬術指導の先生は?
奥さん連れて初恋の人の墓参りするのが『新しい門出』? あいかわらず、ものすごくヘンじゃないけれど、どこかピントがはずれた脚本だ。