読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『大江戸事件帖 美味でそうろう2』(BS朝日)

「俺は矢立屋だ。矢立屋の仕事ってのはな、主義主張を訴えることじゃねぇよ。真実を伝えることだ」
いい台詞なんだが……このTV局と関係がある矢立屋連中は、どう見ても主義主張を訴えることが使命と思い込んでるんだがね。

アヘン騒動の謎解きと、敵討ちに奔走する親子の人情話をうまく絡めて、二時間飽きさせず後味もよい娯楽時代劇だった。
八代目将軍でも遠山の金さんでもなく、阿部正弘が庶民に身をやつす設定が珍しい。
何度も出てくる円楽のお江戸よもやま講座がためになるし、わかりやすい。大河もこの手の工夫をすれば若い視聴者をふやせるかも。それにしても、江戸時代の日本人がカワウソを食べていたとは!
漢方医と蘭方医のそれぞれの良さを認めたり、最後にけもの肉ときゅうりのハンバーガーを考案したり、新平太は今回も大活躍。これからもお鶴となかなか色っぽくならないコンビを続けるのだろうか。

神尾佑はいい声、立派な佇まいでほんとによき時代劇俳優。『花嵐の剣士』でも、この人が出てくるだけで画面に重みが出た。そろそろもう少し番手が上の役を拝みたい。
おみつ役の目の大きな女優がどーも『デート』の自称少女漫画家の卵に似ていると思ったら……同一人物だったようだ。これで吉谷彩子という名を覚えた。