『悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~』第5回「専属作詞家・碌太郎」

今回も愉快で盛りだくさんだった! 公式HPにユースケ・サンタマリアのインタビューが掲載されていた。「男が女性に求める要素は母性、ミステリアス、色気と3つあると思うんですけど、それぞれがその役割を担っている」この言葉さえ引用すれば、以下は蛇足で…

『1942年のプレイボール』だけおもしろかった件

前半愚痴注意。お盆の番組というのはもともと日本人から思考力を奪うための企画であったが、今年は"今そこにある危機"が増しているにもかかわらずそれをやり続けている点が罪深い。しかも資金源は受信料。NHKにはいったん始めるとやめられない習性があってWG…

『悦ちゃん』第2回~第4回

『4号警備』もよかったが、この調子なら『悦ちゃん』が今年のNHKドラマ、マイベストになりそうな勢いだ。第2回でお嬢様との縁談は破談決定かと予想したら、意外と引っ張っている。 見合いののち、碌さんは心機一転名作をものするかと思いきやあいかわらず評…

『ブランケット・キャッツ』最終話『さよならのブランケット・キャット』

平成版『生きる』としてしばらく記憶に残りそうなエピソードだった。「死ぬな、死んじゃだめだ!」どの人間関係でも一歩踏み込むことができなかった秀亮が、たえ子を救おうとざぶざぶ海に入っていく。手持ちカメラが作る揺れる画面にも役者二人の演技にも、…

『密使と番人』(時代劇専門チャンネル)

ネタバレあり。 8/11、29、9/30再放送あり。渋谷ユーロスペースで上映中。 ドキュメンタリータッチの時代劇。19世紀初め、蘭学者の一派が日本地図をオランダ人に渡すため、若き蘭学者、道庵を密使として江戸から出発させる。彼を追って山狩りする番人たち。…

『ブランケット・キャッツ』いよいよ終盤へ

第5話『嫌われ者のブランケット・キャット』今のところ、第5話が一番意外性があって、プロットそのものにも魅せられた。老人の理不尽に見える用心深さの背景には、息子一家を喪う悲劇があった。卓也は浅はかだが純粋で、人の気持ちの核心がよくわかる。そん…

『おんな城主直虎』第28回『死の帳面』

"国衆はつらいよ!"と"武士だけでなく坊さんや商人も含めた戦国の風俗"の描写に力を入れている今年の大河。ちょっと受け狙いな感じの"政次カワイソス"パートにはあまり乗れず。うじうじしたしの相手に暴走気味の父性を示した回以外は、主人公にもこれといって…

『悦ちゃん~昭和駄目パパ恋物語~』第1話

明るく楽しい連続ドラマが始まった。"時代劇"ならぬ"時代ドラマ"枠だそうな。『みをつくし料理帖』は総合点の高い時代劇だったが、小野寺のぎすぎすした物言いが、やっぱりいかにも藤本調で大好物とはいかなかった。今回は、昭和初期の風俗を楽しめればじゅ…

『ブランケット・キャッツ』第3話『二人ぽっちのブランケット・キャット』

健康、記憶、仕事、持ち家など今まで持っていたものを失った人々が苦しんでいた1話2話。長らく持ちたかったもの――ものというか、子どもだが――をあきらめて、次に進もうとするのが第3話。世間的には前2話のほうが深刻と受け取られるのだろうが、石田夫妻の痛…

『ブランケット・キャッツ』第2話『わが家の夢のブランケット・キャッツ』

岩合さんの『ネコ歩き』の向こうを張って、猫好きホイホイ企画がスタートした。 二匹一役はなさそうだ、二匹一役なのか三匹一役なのか? 初回、巧い具合に猫が椎名秀亮の肩に載ったが、あれは演技指導のたまものなのか、まさかトレーナーがぶん投げたのか? …

『破門 疫病神シリーズ』チャンネルNECO一挙放送

むっちゃおもろかった!末廣健一郎の威勢のよいBGMが耳に残る。 黒川博行の原作(『破門』、『疫病神』)は未読。2015年にBSスカパー!で連続放送されたのは知っていた。J:COMのおかげで2年後に拝めることができてありがたいことである。ヤの字のお仕事の人が…

生放送『裁判劇テロ』あなたの裁判は?!

6月17日放送分ネタバレあり ハイジャックされた旅客機を独断で撃墜し、164人を殺して7万人を救った空軍少佐。果たして彼は英雄か? 犯罪者か? 電話による視聴者投票の判決は!? 十か国で同じ設定の舞台劇を上演し、観客の投票を募ったところ、九か国は圧倒的…

『ダウントン・アビー6』第7回『悲しみの決断』

シーズン6は全10回だそうで、いよいよ7月9日で完全にお別れだ。予定通りシーズン3で止めておけばよかったのにと思ったこともあるが、延期したわりに怖れたほど脚本の質が落ちていない。プロットよりレトリックで魅せるのはあいかわらず。 観察眼、実行力とも…

『CRISIS:公安機動捜査隊特捜班』episode.8-10

episode.8間一髪、嫌味で保身しか考えないエリートみたいだった青沼が救援に駆けつけた、と見せて、すべては鍛冶の筋書き通りだった。この二ひねりと各自の特徴を生かしたアクションの組み合わせがおもしろい。樫井が秘密の技を繰り出す……なんてことはなく、…

『CRISIS:公安機動捜査隊特捜班』episode.7

いまのところ国内テロは暇と学歴を持て余した若者が起こし、小金と暇のある老人と主婦がシンパになったりするパターンばかりなので、進学校に通っていた大山に向かって坂本が「君はこっち側の人間じゃなかったのか」みたいなことを言うくだりは、私見ではい…

『CRISIS:公安機動捜査隊特捜班』episode.6

海外のドラマなら即射殺となるところ、日本特有の理由でそれができない。という現実をふまえて毎回工夫を凝らしたアクションシーンを見せてくれるドラマだが、今回も堪能した。それにしてもホームセンター店員の後片付け大変そうだな……。教団の面々がふた昔…

『CRISIS:公安機動捜査隊特捜班』episode.5

想定外で出てくる不審なおにいさんたちが物凄く人相悪いわけでもないので「平成維新軍?」と思ったが、そうではなかったらしい。ということで、episode.5は維新のみなさんお休みの回。 潜入捜査官の苦しみを語る西島秀俊……これ『ダブルフェイス』じゃないよ…

『小さな巨人』第4話

錚々たる人材を集めておきながら、ノンキャリが正義の浪花節とスポ根ドラマの型を延々見せる手法にそろそろ飽きてきた。2課が何を追ってるのかだけは気になるので、次回から1.3倍速と等倍を組み合わせた再生でチェックすることにしよう。 『THE FALL 警視ス…

『4号警備』第3回

久しぶりにドラマを見て感動した。ストーカー被害に遭ったうえにネットで中傷されて故郷に帰るしかなさそうだった由宇が、ガードマンとしてガードキーパーズで働いている! 架空の人物の話なのに心の底から「よかったな!」と思ってしまうとは。 今回は人間…

『おんな城主直虎』第15回『おんな城主対おんな大名』

ストーリーはそこそこ骨っぽい。一番の期待は菅野よう子の音楽だったのだが、自分が勝手に期待していたとんがったメロディーとはほど遠い――プロデューサーの意向なのかどうかわかりかねるが――子ども向けの時代劇アニメに流れそうなBGMがたびたび流れる。昨年…

『CRISIS:公安機動捜査隊特捜班』episode.2

スカッと終わらない、主役チーム側が大人の解決策を受け入れたお話。「辞書から"秘密"という言葉を削除するべきかもしれない」「あいつらは鞭も入れないのによく走る」鍛冶の台詞に味がある。 冒頭の格闘技訓練シーンが嬉しい。二刀流はカリか? 主演のお二…

『小さな巨人』第1話

『LEADERS2』は手堅い作りだったし、現代ものなのに内野聖陽がくどすぎる芝居に走らなかったし、予想よりおもしろかった。ただ、怒号土下座涙ぬきでも熱いドラマはできるだろうに、といささかうんざりもさせられた。 『小さな巨人』は、しょっぱなのダーッと…

『4号警備』第2回

『CRISIS』より地道で危険なアクションがたまらない。最終回までにどれだけエスカレートするのだろうか?インターネットがらみの犯罪というのは、卑劣さが際立つ。「朝比奈! 朝比奈!」石丸の必死の呼びかけが印象に残る。叫んだだけだったけど、あの瞬間、…

『CRISIS:公安機動捜査隊特捜班』episode.1

『重版出来!』以来、自分から見たいと思う民放の連ドラが一つもなかったが、今期は『CRISIS』と『小さな巨人』が楽しみだ。 新幹線の狭いエリアでの立ち回りにわくわくした。とくに、犯人が振り回すリュックが稲見の顔すれすれ!の場面が印象に残る。(CGだ…

『4号警備』スタート

作:宇田学自分にとってこの人の前作は『ボーダーライン』。若き消防士の成長を中心に、消防の世界に生きる男女の葛藤や世相を描いた秀作だった。今回も出だしはしごく快調。主人公に回し下痢……ヒドい誤変換だ……回し蹴りをやらせたり、カーチェイスで車を壊…

『この世にたやすい仕事はない』スタート

長たらしいタイトルを「ない」で締めるのが流行ってるのかと思ったら、原作は津村記久子とか。黒電話やレトロなボンネットバスとパソコンが同時に出てくる、ちょっと不思議で楽し気な大人の童話が始まった。 どの職についても長続きしないヒロインが、カナリ…

『スリル!』

『赤の章』はNHK総合で放送、主人公は中野瞳。『黒の章』はBSプレミアムで放送、主人公は白井真之介。 『ハードナッツ!』の続編はどうなってるのか?と思っていたら、似たテイストのポップで楽しいミステリドラマが始まった。作家(蒔田光治、徳尾浩司)とデ…

向田邦子新春シリーズ再放送(TBSチャンネル2)

1992~2000年に初回放送された『華燭』、『家族の肖像』、『いとこ同志』、『風を聴く日』、『響子』、『空の羊』、『小鳥のくる日』、『あ・うん』を視聴。 演出は全作、久世光彦。時代設定はすべて昭和十年代なかば。脚本は『響子』と『あ・うん』が筒井と…

『大江戸事件帖 美味でそうろう2』(BS朝日)

「俺は矢立屋だ。矢立屋の仕事ってのはな、主義主張を訴えることじゃねぇよ。真実を伝えることだ」いい台詞なんだが……このTV局と関係がある矢立屋連中は、どう見ても主義主張を訴えることが使命と思い込んでるんだがね。 アヘン騒動の謎解きと、敵討ちに奔走…

『おんな城主直虎』予告

ダークな味わいに惹きつけられる。言葉遣いもヘンに現代風にしていないところが好みだ。視聴率がらみで外野が現場に妙な圧力をかけることがなければ、それなりにおもしろい話になりそうだ。主演をあまり前面に出さず、あくまで群像劇で押してほしい。『風林…

『真田丸』雑感こもごも

しまらないtwitterもどきのように印象に残った点を羅列。*何度も地図を見せてくれてたいへん親切だった。陣構えの説明もわかりやすかった。*せっっかく真田丸のセットを組んだのに、冬の陣の合戦シーンがしょぼくて残念。エキストラの指導がむずかしいのな…

『真田丸』完走

今年のエンタメ界は、未見の『君の名は。』、『逃げ恥』、etc.をふくめて質、客受けとも豊饒の一年だったようだ。で、そうした幸福な作品の一つが『真田丸』だった。近年は何度も「大河はもうおしまいか」と思わされたものの、過去10年に、『風林火山』、『…

『真田丸』最終回

大野治長「ただちに御出馬を」その気になる秀頼。使者その1「一大事でございますー。馬印が引き返したのを見て雑兵どもが逃亡」秀頼「今から出馬する」使者その2「申し上げます。真田勢が引き上げ、毛利勢苦戦のようす云々」治長「どうやら流れが変わった…

『わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた』

ふた昔前なら主演を張るタイプではない多部未華子と高橋一生が出ると聞いて視聴。スタージュエリーの、フジテレビによる、スタージュエリーのためのドラマであった。アクセサリー(&それをつけた女優)をちゃんと撮ることに注意が払われているため、画面が明…

『漱石悶々』

二、三の点でひじょうに苦手な脚本家。しかし、めったにクローズアップされない磯田多佳が出てきて、しかも演出が源孝志。後者の磁力が勝ったので視聴した。ちょいと高級な酒を使った菓子を味わうような一時間半であった。 京の旅館、お茶屋、大丸別荘、伏見…

今年のドラマ(NHK、BS以外)

上半期『重版出来!』の圧勝。というか、他に見たものがあるかどうかすら思い出せない。実写ではなくアニメだが、特例で『昭和元禄落語心中』も挙げたい。原作は未読。絵の魅力は原作がいいからと言われてしまったらそれまでだが、渋い中間色が粋でよかった…

『鬼平犯科帳 THE FINAL』

京極備前守「いかな人助けでも、悪をもってしては台なしではないか」長谷川平蔵「ごもっともなる仰せ。しかしながら、貧しき者の理屈はまた別。命をつなぐひと椀の粥に、善悪の区別がござりましょうや。人というものは、良いことをしながら悪いことをする、…

『戦艦武蔵の最期 ~映像解析 知られざる“真実”~』

『NHKスペシャル』なので予想どおりというか……予想を超えた酷い出来だった。はんぱな日本人より戦艦の値打ちがわかるお金持ちのアメリカ人が撮った貴重な映像をろくに紹介せず、さらに三菱が好意で公開してくれた設計図にねじまげた説明をつけ……ドラマ『戦艦…

『池波正太郎時代劇スペシャル 顔』(時代劇専門チャンネル)

ネタバレあり。 原作未読。 『真田丸』は楽しい歴史エンタテインメントだし、土曜日の『忠臣蔵の恋』は新規顧客開拓のためにも時代劇の火を維持するためにもよい試みだし、今年は時代劇ファンにとっては悪くない年だ。さらにありがたいことに、またしても時…

『ハウス・オブ・カード 野望の階段』第8話

脂ぎった古沢良太みたいな脚本を軸に、毎回どぎつい権力闘争が繰り広げられる。 現代のリチャード三世――と言っていいのかどうかは不明、最後にどこまで上り詰めるのかはネタバレ情報を見ない限りわからないので――フランク下院議員は、応援してきたウォーカー…

『真田丸』第43回『軍議』

サブタイトルを堂々『軍議』と名付けて、ちゃんと魅せる脚本家が今年の作家でまことに僥倖。軍議をまともに描けたのは、過去10年では大森寿美男と山本むつみくらいだ。藤本有紀は古典の抜粋みたいな軍議シーンだけはよかった。 幸村が具体的な策を出し、せっ…

『夏目漱石の妻』第4回『たたかう夫婦』

『坊ちゃん』のキヨ=鏡子なんて、こじつけすぎじゃあないかと思ったら、孫の房之介が唱えている説だとか。相性がいいんだか悪いんだかわからなくても結婚生活というものは続いていく、みたいなまとめもありだと思うが、肯定的な空気で終わらないと鏡子夫人…

『忠臣蔵の恋~四十八人目の恋』第4回『事件』

浅野内匠頭が刃傷事件を起こして即日切腹を命じられ、きよと十郎左衛門の縁組どころではなくなる。 吉良の造形がなんとも古めかしい単なる嫌な奴だった。大事なのはヒロインの波乱に満ちた生涯なので、吉良がらみの描写はサクサク進むことになりそうだ。内匠…

『Nのために』一挙再放送(TBSチャンネル1)

イヤミスの大家たる湊かなえは敬遠しているのだが、映像作品『贖罪』(WOWOW、黒澤清監督)には痺れた。『N』は友人が勧めていたので、CATVの放送を視聴。 のっぴきならない状況にもがきながら人を思い、ある時は黙って身を引く若者たち――号泣や絶叫に頼らずに…

『夏目漱石の妻』第3回『やっかいな客』

初回は流産、第2回は夫の神経衰弱と実家の零落。今回鏡子が直面したのは、かつての養子にたかりにくる塩原老人であった。 黒島結菜を初めて見たのは、鴎外の娘を演じたドキュメンタリー・ドラマだった。そのころから時代物が合う人だと思っていたが、今作で…

『狙撃』

原作未読。警察機構の改革ネタといい、公安の陰謀ネタといい、手あかがつきすぎではないのか。チェック機能が働かない第四権力がこんなドラマ作って悦に入るのは笑止。演出でおもしろくなっていればテーマなんかどうでもいいし、ヒロインと花村や成瀬の交流…

『夏目漱石の妻』第2回『吾輩は猫である』

前回は"動物的なオノマチ"を前面に出し過ぎていて、仮にも深窓のお嬢さん出の妻という雰囲気が足りない印象があった。第2回はカメラも引き気味だったし、尾野真千子も引くべきところは引いた演技で、自分にとっては納得のできる鏡子像になっていた。 シュー…

『忠臣蔵の恋~四十八人目の恋』第2回『縁談』

毎週土曜夜6時10分スタートという編成が、どんな視聴者を想定しているのかよくわからないが、地上波で連続時代劇をやるのはもはやNHKだけなので、また新作ができただけでもありがたい。吉良邸討ち入り前後のきぬの恋模様と浅野家の動向を、全20話で描くらし…

海外の歴史番組

『戦争と平和 WAR&PEACE』(NHK総合)トルストイの原作をどんなふうに料理してくれるのか、まだ様子見の段階だ。第1回はともかく平原の戦闘シーンに迫力があったので満足。ロケも衣裳も小道具もそうとう予算がかかっていそうだが、全8話なら息切れせずにやり…

『真田丸』第38回『昌幸』

重要人物が四人退場。前回は関が原の敗者の悲哀を存分に描き、今回は信繁の起死回生の道がどんどん細くなっていくようすを描いている。上杉景勝はひきつづき存命だが、会津百二十万石から上杉三十万石まで減封処分。もはや頼れる大名ではなくなってしまう。 …