『コンフィデンスマンJP』第9話~第10話

大阪北部地震において被災された方々にお見舞い申し上げます。震度7の揺れから3時間以内に電気を復旧させる電力会社の皆さんには、尊敬の念しかない。粛々とインフラを復旧させる人々をまたもマスコミが邪魔しているようだが、こういうのを規制する法律でも…

『空飛ぶタイヤ』(監督:本木克英)

原作未読。WOWOWドラマの出来を超えるのはむずかしそうだけど、主演が長瀬智也氏ということで少々興味を持って鑑賞。極私的にはWOWOW超えの要素はごく少なかったものの、まっとうに戦う者が勝利するジャンルの邦画としては良作の部類と感じたし、クライマッ…

『鳴門秘帖』第7回『絶体絶命の船出』

春田純一がしっかり腰の入った太刀捌きを見せてくれた。さすがはJAC仕込みである。あっという間に終わってしまったが、これまでの7話で一番見ごたえのあるチャンバラだった。 前回の予告では「隠れ場所がばれてしまうのか?!」とハラハラさせられたが、お米陣…

『BORDER』再放送スタート

6月1日夜9時から毎週金曜日、テレ朝チャンネル1にて。 評判を耳にして、ぜひ見たいと思っていたミステリ・ドラマ。昨年10月放送の単発『BORDER 贖罪』には惹きつけられた。本放送が4年も前だとは知らなかった。 銃弾が脳内に残ったために死者と会話を交わせ…

『コンフィデンスマンJP』第7話~第8話

今のところは、第7話が一番後味がよかったストーリー。ボクちゃんは心置きなく与論要造を看取ることができたし、(欲しくないとか言ってたけど)金銭を手に入れたのだから、彼が一番の勝者だと感じた……が、目利きのみなさんの「家族ごっこができたし、一番大…

『鳴門秘帖』第6回『十年ぶりの再会』

脚本家の尾西兼一によれば、「NHK始まって以来(?)のエロティシズムとバイオレンスを加味したごった煮時代劇となった筈です」とのこと。『神谷玄次郎捕物控 』は? と言いたくなるが、たしかに『鳴門』のほうがちょいと濃い目かもしれない。ハエ取りリ…

『コンフィデンスマンJP』第4話~第6話

終わってみれば3話とも、ダー子たちが騙すつもりだった相手や通りすがりの人が幸せになっていた。 第5話が一番面白かった。なかでも、他局の『プロフェッショナル』のパロディ部分。レギュラー陣の芝居よりスタッフの演出力が前面に出るパートのほうがピリッ…

『コンフィデンスマンJP』第3話

古沢良太のドラマにしてはワクワクしないのはあいかわらずだが、回を追っておもしろさは増していると感じる。もはやどこからが"ボクちゃんにかけた罠"なのか見極めるのが視聴者のお仕事になっている。絵に感動したからって、あそこまで巨乳美大生に接近する…

吉報!

ニュースとドキュメンタリーはだめでもドラマだけはおおむねハイレベルなNHKが、大河ファンにたいへんな朗報をもたらしてくれた。2020年の大河は明智光秀主役の『麒麟がくる』と決定。脚本は池端俊策でしかもオリジナル。そして主演は長谷川博己。『真田丸』…

『コンフィデンスマンJP』第2話

前回に比べると、編集のテンポが向上したおかげか、滑ってる時の三谷コメディみたいな瞬間が減ってわりと見やすかった。 「日本は昔からギャンブル大国」ふふふ、これでパチンコdisもやってくれれば喝采を送るが、それは局側が許さないのかしらん。日本的お…

『サラメシ』雑感

ランチをのぞけば 人生が見えてくる働くオトナの昼ご飯 それが「サラメシ」 いったいいつまでやるんだと思いながらも、家人が録画してまで見たがるのでつき合っていたら、とうとうシーズン8に突入。今回は、ある種究極のオタク人生の一コマを拝めて楽しかっ…

『コンフィデンスマンJP』第1話

期待8割、不安2割くらいで待機していたところ……『リーガルハイ』(2013年放送の、いわゆるパート2)放送時のように、脚本家の冒険が好みに合わないという面はなかったが、演出のテンポか何かが微妙に肌に合わず、録画したもののまったくリピートしたい気持ちが…

ここ2年の連続ドラマ

*国内ドラマ~リアルタイム視聴2クールに1本か2本見る習慣はあいかわらず。『重版出来!』:圧倒的に印象に残る。一流クリエイターへの敬意、クリエイターを目指すも挫折する者への冷徹だが愛情あるまなざしに心を打たれた。『監獄のお姫さま』:クドカンだ…

『どこにもない国』後編

山田純大が日系アメリカ人将校の役で出演。骨太の役者なので、BSあたりで準主役くらいはやっていただきたいものだ。「排日移民法と戦った方ですね?」。丸山氏の同胞愛や反骨精神を表す重要なエピソードなのだが……もともとこの法律になじみがある視聴者にし…

『真夜中のスーパーカー』

「2000GTが爆走するドラマ」を作ろう……見境もなく、そう決心しました。(大橋守D) NHK地域ドラマ(今回は愛知発地域ドラマ)は拾い物が多いし、たぶんおもしろそう、山本美月の初主演作だし……くらいの気持ちで視聴。だが期待以上の、人をわくわくさせる夢の…

『どこにもない国』前編

クドカン、古沢良太と並び、「この人のドラマなら見てみようか」と思わせる脚本家が大森寿美男だ。この一月まで長きにわたって放送された『精霊の守り人』は大森氏が脚色担当だったが、ファンタジーというジャンルそのものに興味が持てないので、樋口真嗣が…

ぴんぼけニュース語り

*国内ニュース『プライムニュース』(BSフジ)は先週あたりから、以前にも増して興味深いテーマを連続して取り上げている。北朝鮮問題、働き方改革、有人探査のあらたな焦点、第4次産業革命を生き抜く方法云々。とりわけ宇宙開発の回は、向井千秋、若田光一…

『西郷どん』を二話まで見て

原作未読だが、林真理子の他の時代小説は数冊読んだことがある。いずれもNHKのお偉方にウケそうな主婦の視点だのリベラル仕草だのとは無縁の、時代背景を尊重した筆致であるのと、主人公をかなり突き放した視点で見ているのとが印象に残っている。第一話のジ…

時代劇専門チャンネル制作作品3本視聴

*藤沢周平新ドラマシリーズ第二弾『橋ものがたり』『小さな橋で』演出は杉田成道とのこと。何も藤沢原作を使って『北の国から』をやらなくてもいいのに。子役はうまい人なのだろうが、ず~~っとナレーションが続くこと自体より、現代っ子の自意識を感じさ…

『おんな城主直虎』終わる

『真田丸』と二年続けて主人公にあまり魅力を感じず、大河にしては撮影が残念な場面が散見され、音楽も――本来、菅野よう子作品は好きなのだが――好みではなかったし、脚本家の手癖に辟易させられることもあったが、『風林火山』終了後、何度も死んでは息を吹…

『おんな城主直虎』第45回~第46回

歴代大河の首桶登場回数のランキングを知りたくなってきた。昔の大河で首桶といったら、主人公が打ち負かした敵の大将のそれであることが多かった。今年は違う。しかもhot warの戦利品たる首ではない。大国に国を潰されないよう交渉をまとめるために、主人公…

『監獄のお姫さま』第6話「奇跡」

産科婦人科医の宣告を聞いて、家人ともども「え、じゃあ勇介の父親は誰?」と騒いでしまったが、タイトルを素直に信じるべきだったらしい……ツイッター上には自分らほど心の汚れた人がいないようなので反省した。 先週出所する背中がかっこよかった小シャブが…

『監獄のお姫さま』第5話「母性」

まー、出てくる男出てくる男クズかボンクラばかりで、クドカンは平成の溝口健二をやりたいのかと勘ぐっていると、うさんくささの塊みたいな護摩刑務所長がいきなりいいこと言ったりするので油断がならない。できれば『うぬぼれ刑事』みたいな突き抜けたバカ…

『BORDER 贖罪』

連ドラ『BORDER』がたいそう面白かったと聞き、そのうちDVDレンタルでもしてみようとぐずぐずしているうちに、SPドラマ放送の日が来てしまった。石川の葛藤への理解などは連ドラ視聴済みの方々に及ばないながら、CMカットで1時間34分、独特の世界に浸ること…

『監獄のお姫さま』第2話

今年の民放視聴は『CRISIS』オンリーになりそうだったところ、クドカンのドラマが始まったので楽しみに見始めた。森下愛子が主要キャスト入りとは、やはり脚本家が局から信任を受けているゆえか。しかるべき理由があって「民放には出ない」と宣言していた伊…

『全力失踪』最終回

「人は絆がないと生きられない云々」のあたりで「嶋田うれ葉、お前もか」と少々がっくり。が、D本がない! 以降の怒涛の展開には心躍った。妻の行動はまったく予想がつかず、嶋田氏に脱帽である。 未練たらしく東京にもどる磯山。「新婚時代の聖子が忘れられ…

『おんな城主直虎』第39回『虎松の野望』

"まだ十五歳"を強調するためとはいえ、虎松の顔芸のしつこさに辟易した。ただ、小才覚のあるこわっぱが大人にぺしゃんこにされる展開には、知的ゲームを見るおもしろさがあった。振り返ってみると『直虎』ワールドは、未成年を不当に活躍させないし、いわゆ…

秋の時代劇

その1:『名奉行! 遠山の金四郎』(9月25日8:00PM,TBS)昔の大スターが出た『遠山の金さん』にはまったく興味が持てなかったが、今作にはそんなにベタベタじゃなさそうな匂いを感じたので視聴。手堅い出来のエンターテインメントで、演出は石原興かと思った…

『おんな城主直虎』第33回『嫌われ政次の一生』~第38回『井伊を共に去りぬ』

今年の大河は評価はできても熱中はできないと感じてきたが、ここ数回はドラマとして引き込まれている。 主人公がみずから手を汚して政次を死なせる場面には度肝を抜かれた。そこまでして井伊を守ったのにあっさり領主の座を下りる直虎や、(真意はともあれ)…

『この声をきみに』第2回

船乗りが長い航海中、妻に本の朗読のテープを送るという話はユニークでいいエピソードだと思った。 キャストだけは魅力的なので、ためしにチェックを始めたが、脱落決定。授業態度がふまじめな大学生とか、中年男相手にむきになる女講師とか、作り手のセンス…